突然のヴァンパイア襲来により崩壊した都市。

都市機能は麻痺しスレイヤーは生活可能範囲を後退させることとなった

一般的なアサルトの装備。

エスルラニアン攻防戦前に撮られたと思われるスレイヤー兵の写真。
彼の写真はその後スレイヤー募集のプロパガンダとして利用される。
尚彼の生死については不明のままである。

一般的なチェイサーの装備。
スレイヤー陣営は女性も戦場に送る状況に陥っている。

エスルラニアン攻防戦で確認されたヴァンパイア。
ファンタジーのような魔法を放つ。
個体名はダークアイ。

エスルラニアン攻防戦で確認されたヴァンパイア。ダークアイの長だと考えられる。
通称女王蜂。

エスルラニアン攻防戦で確認されたヴァンパイア。少女の姿をしている。

第666部隊所属のチェイサー。
モデルとなった兵士はエスルラニアン攻防戦で数多くの功績を残す。
通称段々剃刀。

第666部隊長
エスルラニアン攻防戦でスクリーミングフィストを考案、実行する
後にスレイヤー司令官に昇進する

サイバネティクスを施されたスレイヤーの兵士。

デモニカと名付けられた個体はその姿から攻撃を躊躇う兵士が続出した。

エスルラニアン攻防戦でのマジシャン級。
エンブリオを従えスレイヤー側への攻勢を図る。
この写真が撮られた直後にスレイヤー第13部隊は全滅する。

港が占拠されたことにより貿易が不可能となる。
ザイバツが崩壊し経済は混乱する。

汚染区域として破棄されたチバシティ。
皮肉なことに自然が戻りつつある。

疑似ポリカーボンを採用したスレイヤーの第二世代アーマー。

ヴァンパイが占拠したリンボ城エリア。

リンボ城は王朝時代の建築物であり、かつては人気観光地であった。

666部隊はエスルラニアンを司令部として利用。

襲撃を受け炎上するドロペタNE。

第二世代アーマーを装備した666部隊のチェイサー。

エスルラニアン攻防戦では女性と思われるブラッドワーカーが確認された。

ダークアイの男性個体。

第二世代アーマーを装備した666部隊のアサルト。