STORY

MOVIE

RACE

SLAYER
SLAYER

[スレイヤー]
アサルト

Slayer Assault

いつも自信にあふれ積極的な性格を持ち、自分の剣術への信仰が高い。
ひたすら自分の肉体訓練のみに関心を持っています。
これらの自信が反映されたせいか、防御装置は、防御力の目的ではなく、自分の肉体の性能を強化するためだと考えています。

謙虚に欠け、自分の実力を過信するという一面もあるが性格は豪快で、特に気にしません。

ヴァンパイアに遭遇すれば、積極的に彼らの息の根を止めるために最善を尽くします。

[スレイヤー]
チェイサー

Slayer Chaser

ヴァンパイアへの憎しみと怒りで、人間として想像できないほどの訓練を受けた後、成功率20%という人体改造実験まで行った人間兵器です。

自分の戦闘力を上げるために、人間が持っている感情のほとんどを除去したのでマシーンのようです。
怒りというたった一つの感情は残されているが、これはヴァンパイアへの憎悪のための手段であり、常に怒りを抱えた顔をしています。

いつでも戦いに参加できるように準備が徹底されており、多くの機器や戦術兵器を使用します。

すべてのチェイサーは両腕を機械腕に換装可能です。

[ヴァンパイア]
ブラッドウォーカー

Vampire Bloodwalker

吸血鬼の種族の中で最も華やかに繁栄したバートリー家に属する者で血族のプライドが高い。
12のヴァンパイア一族の中で唯一の「騎士」出身の家系で、厳しい規律と自分たちだけの騎士道を持っており、自分の好みの活動しやすい服装を着ている。

最近人間の衣服を着用する吸血鬼も増えているが、あくまでその起源がレトロから派生した衣装を好む。

ブラッドウォーカーは、その名前からもわかるように、他のいかなる吸血鬼より人間の「血」が好きで、崇拝し、力の源と考えています。
近接武器である爪を使用して自分の目の前で人間の「血」が弾けることを楽しんでいます。

[ヴァンパイア]
ダークアイ

Vampire Darkeye

人間への好奇心、血への喉の渇きはなく、戦闘を純粋に楽しむタイプです。
12のヴァンパイア一族の出身だが、規律には寛大なほうで、自分の感情に基づいて行動します。
自分の喜びのために他人を苦しめることを楽しみ、常に衝動的な行動を取ります。

自分の美貌を武器に他の存在の精神を混乱させることを楽しんでいます。

正統的な吸血鬼の衣装を主に着ているが、露出の多い破格的な衣装を好んでいます。
ダークアイは人間の「血」より殺戮すること自体に喜びを感じるので、他の吸血鬼より戦闘を楽しむ傾向があります。

WORLD

NEXT
PREV