VIVANTチンギスはテントのベキと面識してた?理由3選!孤児院出身と告白

ついに最終話を迎えたVIVANT10話。

そんなVIVANT10話でチンギスがテントの孤児院出身と発言していましたね。

そこで今回は、チンギスはベキと面識があったのかについてまとめます。

目次

【VIVANT】チンギスはベキと面識してた?

チンギスとベキは会ったことあるの?

チンギスがテントの孤児院出身と発言して終えたVIVANT最終話。

ベキが会議の場面に出てきたとき、チンギスがベキに対して一礼をしていました。

これまでチンギスとベキは面識があったのでしょうか。

チンギスとベキの面識は以下のことが考えられます。

  1. チンギスは孤児院訪問するベキのことを見ていた?
  2. ベキはチンギスを覚えていた?
  3. ベキに撃ち方を教えてもらっていた?

詳しく見ていきましょう。

理由① チンギスは孤児院訪問するベキのことを見ていた?

チンギスとベキが面識があった理由1つ目は、

チンギスは孤児院訪問するベキのことを見ていた

可能性があります。

ベキは孤児院を訪問していることから、チンギスはベキのことを見ているかもしれませんね。

しかし、テントのリーダーがベキだとは思ってもいなかったでしょう。

理由② ベキはチンギスを覚えていた?

チンギスとベキが面識があった理由2つ目は、

ベキはチンギスを覚えていた

可能性があるからです。

ベキを見送る際にチンギス達が座礼をしました。

その座礼をしているチンギス達の様子を見て、ベキの微笑んだ姿からチンギスを覚えていたのではないかと考えられます。

座礼とは

床や畳に座った状態でおこなう礼のことで、武士道の精神や相手への礼節などを表すため、礼を重んじる武道の作法の一つ。

土下座とは

相手に服従する意志を示したり、許しを乞うたりするため、ひざまずいて額づくこと。

理由③ ベキに撃ち方を教えてもらっていた?

チンギスとベキが面識があった理由3つ目は、

ベキに撃ち方を教えてもらっていた

可能性があるからです。

ベキは子どもたちに銃の打ち方、的の狙い方を教えていました。

バルカの警察官はチンギスと同じように孤児院で育ったものが多いことから、銃の打ち方の基礎を孤児院で学んでいたかもしれませんね。

【VIVANT】チンギスがベキに一礼した理由はチンギスはテントの孤児院出身だから!

チンギスはなんで一礼したの?

チンギスはベキに一礼した理由は最終話で明らかになりました。

なぜなら

チンギスがテントの孤児院出身

だということです。

チンギスのカミングアウトに鳥肌が立ちましたね。

私もその一人と告白

法務大臣が「欧米の金持ちがたちが運営していると思ってたが、まさかテントが、何十年も孤児たちの面倒を見ていたとは…」

と驚いていました。

そのことに対してチンギスは、

「私もその一人です」

とチンギスも孤児院出身だと告白しています。

そしてバルカの警察官は、チンギスと同じように孤児院で育ったものが多いとも言っていました。

まとめ

チンギスはベキと面識があったのかについてまとめました。

意外なチンギスとベキ、テントの繋がりに衝撃を受けましたね。

VIVANT続編にもチンギスの登場があると嬉しいです。

まとめ

今回は、チンギスはテントの孤児院出身なのかについてまとめます。

続編があることに期待しつつ、続編でもチンギスが出演されることを願います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次